FX取引とはどういうものか

FX取引とはどういうものか 現在の政権に代わってから、為替の変動が多くなっています。こういう時期はFX取引で利益をあげ易いと思います。変動幅が大きければ、上がる時に買い注文を行い、下がる時に売り注文を行えば良いからです。そもそもFX取引がどういう取引なのかというと、為替証拠金取引といって、通貨の評価によって利益を得る取引になります。

例えば、円がドルに対して安くなると思えば、円売り注文を行い、高くなると思えば、円買い注文を行うかの2通りだけです。株取引よりも流動性が高いので、株よりも簡単に取引する事が可能です。また、スワップポイントといって、通貨同士の金利差額分が毎日付与されるので、長く持つ事で利子が付くような感じでスワップポイントが付与されます。長期に保有してスワップポイントで利益を増やす事も出来ます。

注意したい事としては、証拠金保障率が30%を割らないようにしなければいけません。こちらを割ってしまうと、強制的に決済されて大損する可能性があります。従って、ある程度損失がでてきたら、早めに損切りを行う事が必要になります。トータルで利益がでれば良いという考えで行えば、ある程度損切りを行っても問題ありません。この取引で成功しているほとんどの方々はそうしているようです。

Copyright (C)2017FX取引とはどういうものか.All rights reserved.